プロフィール

photo by Chiemi Matsumoto
photo by Chiemi Matsumoto

物井光太朗(ものいこうたろう)

koutarou monoi

  

東京生まれ、横浜育ち。

 

東邦音楽大学を首席で卒業。
第68回読売新聞社主催新人演奏会出演。第2回YAMAHA新人演奏会出演。

'08韓国群山にて現地サクソフォンクラブの招待により公開講座とコンサートを開催。

 

 '13夏 1stアルバム 『Open the door』 をリリース。

楽天ブックスJAZZチャートにて、ディリーとウィークリーの二つの部門で1位を獲得。また収録曲「blue blue blue」がテレビ東京ワールドビジネスサテライト内でBGMとして使用されたほか、他収録曲もテレビ番組オープニングやFM放送などにおいて多数使用される。

 

'16年 KIRIN・Disney コラボレーション商品(午後の紅茶 無糖)においてサックス演奏を担当。

 

現在財団法人ヤマハ音楽振興会認定講師としてレッスン分野でも活動。

 

小学館ビックコミック連載中ジャズ・サックス漫画『BLUE GIANT』ホームページ内スペシャルコンテンツにおいてサックス講師として登場中。

 

サックスの他にフルート、クラリネットも演奏。 

サクソフォンを佐々木雄二氏に師事。

 

オマケぷろふぃーる♪♪♪

               

相鉄線沿い団地に囲まれた幼稚園時代。

園の方針もあり、ややワンパクに過ごす。 この頃、幼稚園の菜園で美味しく実った"トマト"を食べすぎ、現在まで苦手食材の一つとする。 ちなみに加熱トマトはOK。

  

義務教育スタートと共に引っ越した先で始まった小学校時代。

地域の少年野球チームに6年間在籍。 長い在籍のお情けでファーストのポジションを頂くが、卒業間近の最終戦でやっと5打数5安打の活躍をするものの、才能は開花せず。

 

再び新天地として引っ越してすぐ始まった中学時代、運命の出会いが。

学校内にあった"ジャズオーケストラ部"に所属。 当時まだ公立校でジャズを演奏する部活動は珍しく、また楽譜も読めずに入部する学生(ワタシです、もちろん)も珍しかった模様。 中学2年の時に同部活で、ハワイ・アメリカ西海岸ツアーに同行させていただく。 ツアー最終コンサートで密かに「将来プロになる」と決意。もちろん当時根拠も手段も分からず。

 

家の近所で遅刻と忘れ物の多い人生で一番怠惰で情けない時期を過ごした高校時代。 嗚呼、アノ頃には戻りたくないです(反省)。

この頃、人生初のレッスンとして横浜桜木町でジャズのレッスンを受けたり、epic sonyの方々に大変お世話になりバブル景気の一端(ディスコで演奏etc)を見せていただいたり、学校後の課外授業で沢山のことを得る。楽器演奏で初めてギャランティを頂いたのもこの時。

時期同じくして、高校の先生方の猛反対(もしくは至極真っ当なご意見)を頂きながらも音大を第一志望に。 その後大学での師匠になる佐々木雄二氏を紹介して頂き、ピアノ・ソルフェージュ・楽典など本格的な勉強を始める。

 

 

 

以降~ ☆近日公開☆